スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明石市民の健康をサポートするひじり鍼灸整骨院

明石市ひじり鍼灸整骨院が患者様から選ばれる理由3つ
1、明石市大久保にて開業して12年が経ちこれまで15万人以上の治療(来院者)実績があります
2、保険診療(骨折、捻挫、脱臼、打撲、挫傷)を基本ベースにして、自費治療メニューも用意しております
3、整骨院にも関わらずエコーを使い患部を詳しく検査し、そのデータをもとに施術しています
もうあなたの健康は明石市ひじり鍼灸整骨院にお任せすれば大丈夫です!明石市ひじり鍼灸整骨院があなたの力になってさしあげます。
明石市ひじり鍼灸整骨院ではオリジナルの施術法である<独自背骨矯正法>を使って施術します。
背骨のズレ・ゆがみを整え、様々な痛みや症状などを改善しています。
背骨のゆがみを矯正することで、肩こりや腰痛などをよくするだけでなく、悪くなった姿勢も最善の状態に取り戻されるのです。
明石市ひじり鍼灸整骨院では、「いつでもあたたかい心で、患者様に健康と笑顔をプレゼントします!」をモットーにして、施術を行っています。
私たちの手技療法であなたの健康をサポートしていくのはもちろんのこと、それと同時にいつも患者様の痛みを自分の痛みと思い、やさしさと思いやりをもって施術することです。
明石市ひじり鍼灸整骨院では、実際に患者様が快適にご利用頂けるよう心配りを行っております。
痛みや症状などで困っている患者様のため、そして明石市地域住民の健康のために今日も精進しております。
○住所
〒 674-0068 兵庫県明石市大久保町ゆりのき通り1-2-3 オーズタウンセンタースクエア4-210
○受付時間
月~金曜日 AM 9:00~PM 8:00 土曜日 AM 9:00~PM 1:00
○休診日
毎週、日曜・祝日は定休日です。
○電話番号
電話 078-934-2960
○アクセス
明石市のJR大久保駅から雨に濡れずに徒歩3分
駐車場は1時間無料(イオン駐車場)
○公式サイトURL
http://hijiri-group.com/
スポンサーサイト

坐骨神経痛の日常生活対処と予防

坐骨神経痛の日常生活対処と予防

坐骨神経痛になったら、病院で診察してもらうことは絶対に必要ですが、生活習慣のなかでも対処し予防することも大切です。痛みが強いときの対処法は?痛みを誘発しない姿勢と環境は?

坐骨神経痛は医師の診断を受けること

坐骨神経痛の痛みがあるにもかかわらず今までに病院や医師の診察を受けたことがないならば早急に診察を受けることをお薦めします。また今までとは痛みの度合い、箇所など病状に変化があれば、それもあらためて医師の診察を受けたほうがいいでしょう。また坐骨神経痛により日常生活で支障が出たり、自宅での対処法が分からないときは進んで医師に相談しましょう。ここでは医師の診察を受けた、または受けることを前提に坐骨神経痛に関する日常生活の注意点や対処法を書きます。

坐骨神経痛の痛みが強いとき

坐骨神経痛の痛みの元となる病状に変化が無くても、坐骨神経通の痛みには波があります。特に神経系の障害であり、老化による坐骨神経痛の多くの原因である腰部脊柱管狭窄症の場合は、坐骨神経痛の痛みに波があります。坐骨神経痛がひどく痛むときは、身体を動かすことを中止し、まず安静にすることが大切です。

坐骨神経痛の痛みを誘発しない姿勢

腰部脊柱管狭窄症の場合には、姿勢の状態によっても坐骨神経痛を誘発します。基本は背中を後ろへ反らさないようにすることです。例えば台所に立つ時は、片足を低い台に乗せたり、歩く時も前かがみの姿勢にし、寝るときも枕をうまく使い背中が反らないようにします。なお移動する際には自転車を使うと前かがみの姿勢になりますので、歩くことと比較すると坐骨神経痛の痛みを生じる可能性が低くなります。コルセットの装備なども医師に相談するとよいでしょう。

坐骨神経痛の痛みを誘発しない環境

坐骨神経痛などの神経痛では生活環境として身体を冷やすことや過度のストレス、寝不足は禁物です。坐骨神経通の痛みに対する感じ方が強くなります。

生活習慣病などの改善

肥満は足腰だけでなくすべての面で身体に負担を掛けます。また糖尿病や高血圧、高脂血症なども坐骨神経痛の症状を助長させる可能性があります。このような症状があるときは日頃の食生活などの生活改善と共に、内科医とも相談しながら坐骨神経痛の対処をするようにしましょう。

坐骨神経痛の効果的なマッサージ

【坐骨神経痛の効果的なマッサージ】

マッサージを受けて、坐骨神経痛が嘘のように痛みが取れる人もいれば、中には全く効果無い人もいます。
それどころか、マッサージや指圧で、更に痛みが増す人もいます。

坐骨神経痛にも、急性と慢性があります。
急性の坐骨神経痛は、ギックリ腰が原因で腰椎の神経根を圧迫して、神経ラインに沿って痛みやシビレがでます。
また椎間板損傷が原因で、急に痛みや痺れが出る場合もあります。

このような時は、まず冷却する事です。
20分冷やして2時間ぐらい間隔を置き、また20分冷やすを3~4回繰り返してください。

ある程度、炎症が治まったら(寝返りが打てる状態)痛い側を上に横向きになり、お尻の筋肉を両拇指を使って真上から痛くない程度に指圧してもらうと楽になります。(15分~20分位が目安)

痛い部分は、絶対にマッサージや指圧はしないで下さい。必ず悪化しますので注意してください。
お風呂で温まるのも勿論だめです。

『自分で出来るマッサージは』

・床に膝を曲げて座り、お尻を床に押し付けてマッサージする

・布団の上で仰向けになり、足を肩幅より少し大きめに開き、左右に足を動かし股関節を緩める運動(20~30回)

・布団の上で仰向けになり、足を肩幅より少し大きめに開き、片膝を立てた状態から足の踵を支点にして内側に倒す運動  出来れば布団に膝が付くまで(片方20~30回、両脚共)

・太腿やふくらはぎのマッサージ

急性の場合は、早目に病院でレントゲンを撮り、異常がなければ坐骨神経痛の専門のカイロプラクティックで施術を受ける事をお勧めします。

坐骨神経痛が慢性化している時は、ある程度患部をマッサージしても大丈夫ですが、強押しの指圧やマッサージは、逆に坐骨神経痛のを悪化させる事があるので注意が必要です。

しびれの症状

しびれの症状

しびれというのは多くの人が経験したことのある感覚だと思いますが正座を
して足をほぐした時、腕に頭をのせたまま転寝した後など足や腕にしびれを
感じた経験はほとんどの人があるはずです。この様なしびれは問題ないです

これらのしびれは時間の経過で消え後遺症も残らないことから特に心配する
必要もないわけですがこれがしびれる原因も思い当たらないのに足がしびれ
いつまで経ってもしびれが取れない事が続くと不安になってしまいますよね
坐骨神経痛の症状で下肢の痛みの他にしびれもよくあらわれる症状なのです
痛みの表現が難しいのと同じ様にしびれを言葉で説明するとしてもなかなか
伝わりにくいものです。ジンジンする・ピリピリするとよく聞く表現ですが
正座の後の足のしびれを子どもに聞くと「足がパチパチする」と表現される
子供がいたり体に触られてもしびれにより感覚が鈍くなって紙を一枚挟んで
触れてる感じだと表現する人もいるわけなので人それぞれの感じ方ですね。

表現の仕方は様々ですが坐骨神経痛などが疑われて整形外科を受診する時は
しびれの感じ方について例えられる表現やどうするとしびれるのか等をメモ
しておくことは的確に自分の症状を医師伝えるために良い方法だと思います

正座をしていたとかしゃがんでいたなどしびれる理由が明確な場合やすぐに
しびれが治まる場合は、心配することもありませんが1日に何度もしびれが
きたり歩行中にしびれてくる症状が出たら早めに病院を受診して下さい。

正しい姿勢で坐骨神経痛の予防

正しい姿勢で坐骨神経痛の予防

腰は日常的に重い負担がかかっています。
「立っているだけ」でも腰は自分の全体重の1.2~1.4倍程度の重さを支えているのです。 という事は当然、走った際の着地や重いものを持っている状態、中腰といった姿勢の場合はその何倍もの負担がかかっていることになるのです。

坐骨神経痛の原因はさまざまですが、病的な原因以外では「姿勢のクセ」から坐骨神経痛が発生することが多いのです。
座り方が大切なのです。

畳又は床に座る時と椅子に腰かける時で両方共通して気をつけるところは、姿勢を良くするということです。
良い姿勢の基本は、「背中を丸めない、背筋を伸ばす」という事ですが、背骨を反らせ過ぎると、坐骨へ異常な負担がかかってしまいます。
この場合は、常に腹を引っ込めることを意識してください。腹が引っ込めば背中のそりが解消されます。

椅子に座る時は「踵」はなるべく床にペッタリつくようにしましょう。
これは 普段歩いている時も走っている時も同じです。

腰を掛けて足をつけないで「爪先立ち」をしていると、 体重はつま先、つまり前側へと重
心移動を起こしてしまい、前傾気味となって しまうのです。
そうすると当然お尻を浮かせるような姿勢になってしまい、本来お尻でしっかりと受け止
めていた体重や負荷は、腰や太ももなどで受け止めるようになり、腰に多くの負担がかかってしまいます。

また、椅子に座って脚を組んだ時や、足の長さが違う場合にも、片方の坐骨だけに負担がかかるようになります。
座る時、歩く時も常に体重は踵にどっしりとかける形が基本であり、しっかりと身につけるようにしましょう。

畳などで椅子を使わないで座る場合、一番良くない座り方は横座りやお尻をつけてしまうペタンコ座りです。また、膝を立てる体育座りも、坐骨に負担がかかります。
一番いいのは正坐なのですが、無理であれば足を投げ出すか、胡坐の方がベターでしょう。

坐骨神経痛にならないための立ち方
・後頭部を天井に届かせるような気持ちで、頭の上を伸ばす。
・お尻にえくぼを作るような感じで、臀部の筋肉に力をいれる。
・顔を正面に向け、あごを少し引く。
などで、少し注意して意識する事で腰痛の予防になります。

つまり、正しい姿勢は全身の筋肉をバランスよく使い、全身の筋肉がバランス良く使われれば、全身の筋肉をバランスよく鍛えあげることができるということになります。
全身の筋肉がバランスよく鍛えられれば、負荷は全身の筋肉にバランスよくかかるようになり、腰への負担も軽減されることになります。

坐骨神経痛の治療

坐骨神経痛の治療

中高年になると、腰の慢性的な痛みなどを訴える人が増えてきますが、人間は年をとると
骨や筋肉、関節など身体を支えているあちこちの部分が衰え始め、ぎっくり腰のように、
突然の激痛に襲われる人もいます。日本人では、一生のうちにおよそ8割の人は
腰痛に悩まされるという調査結果も出ているようです。

また若い人であっても無理な動きや姿勢をとるなどして腰痛になることもあります。

しかし、本人が「これはよくある坐骨神経痛の痛みだ」と思っていても
お尻や足に痛みを感じる病気は他にもあり、実は足の血管が詰まっていたり
子宮がんや前立腺がんが原因のこともあるのです。

そのため誤った判断をしないためにも、痛みを感じたら整形外科を受診し、
原因をきちんと調べることが大切になってくるのですね。

坐骨神経痛はひどいと、毎日の生活が困難になってしまいます。
たつことも、座ることもかなり大変な動作になってしまう症状もありますから
しっかりとした治療法で、坐骨神経痛を改善していかないといけません。

坐骨神経痛の治療や治し方にはストレッチ、体操、鍼治療、薬やブロック注射など
色々な治療方法があり、どの方法を選ぶかは、医師とあなたで決めていく必要があります。

自分で無理に体操やストレッチを行い反対に体を痛めてしまうケースもありますから
自分で出来る方法を選択したとしても、決して無理をしないように注意が必要ですね。

無理をしてやってみても、それは体にとって負担でしかありませんので
しっかりと体の様子を見ながら、治療を続けていくことになるわけなのです。

坐骨神経痛症状が起こったら

症状が起こったら

痛みが急に起こったり、激しい痛みの坐骨神経痛である場合は、まず横になって安静にすることが大切です。
痛みがあるときに無理に体を動かすことは、坐骨神経痛の症状をさらに悪化させます。
悪化すると、歩行障害、知覚障害を引き起こしかねません。
安静にして痛みがある程度おさまったら整形外科などの専門医の診察を受けてください。
繰り返しますが、決して無理して体を動かさないように。
坐骨神経痛の原因はさまざまなのですが、体に無理強いると、椎間板ヘルニアや長期的に治りにくい坐骨神経痛となってしまう可能性が高まります。
体が痛むとは体が「動かさないでくれ」とシグナルを送っているということですから、素直に従っておきましょう。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛と一言でいっても、その症状は必ずしも一定ではなく、さまざまです。
おもな症状には次のようなものがあります。
・腰、お尻、太もも、足の痛み・痺れ(特に太ももの後ろ側、ふくらはぎ)
・痛くて座るのが苦痛
・仰向けで寝ているとしびれが出てくる
・脚に力が入らなく、スリッパが脱げやすい
・痛くて前にかがむ、身体を反らすことができない
・身体を動かすと痛みやしびれが起こる
・歩行が痛くて困難になる    等々

坐骨神経通は上記のように痛みや痺れを伴ない、場合によっては知覚障害、歩行障害も引き起こします。
また、坐骨神経痛には、体をある一定方向に動かした時に生じる痛みやしびれだったり、天候の変化で症状が強くなる、そしてこれらが常に続いているというのも坐骨神経痛の特徴です。
症状軽い場合だと、我慢できないほどの激痛ではないため、病院に行かずに我慢している方が多いようです。

坐骨神経痛は年齢を重ねるごとに発症の割合が高くなる傾向があります。しかし、最近では若い人でも坐骨神経痛になる人が増えてきています。

藤井寺の整体【きわみ整骨院】マッサージ治療も

大阪富田林市・河内長野市・堺市の古岡鍼灸整骨院|接骨・交通事故|富田林西口駅

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、よく耳にする言葉だと思います。
普通に「坐骨神経痛」っていう言葉を使っていますが、これは病気の名前ではありません。
実は「坐骨神経痛」は病気の名前ではなく、症状に付けられた呼び方です。医学的な特定の病名ではないのです。

「坐骨神経痛」には「坐骨神経」が関係しています。
坐骨神経とは運動神経、自律神経、知覚神経を含めて人体の末梢神経の中で一番太く、かつ長い神経なのです。

「坐骨神経痛」とは、腰から足先まで走っているこの「坐骨神経」が圧迫されることで起こる痛みやしびれを伴う症状の総称です。

簡単に原因を調べる方法(背骨原因の坐骨神経痛の判断)

簡単に原因を調べる方法(背骨原因の坐骨神経痛の判断)

お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛の疑いがある場合、背骨関連のどの原因の坐骨神経痛なのかを自分で簡単に調べてみることができます。

まず、平らな床の上に立ちます。
次に、上半身を前後に倒してみます。ゆっくりと行ってください。立ったままでゆっくり前屈と上体反らしをします。このとき、どこで痛みやしびれが起こるかを感じ取ります。(痛みの部分を無理にたたいたり、押したりしない方がいいです)

さて、痛みやしびれが強くなるのは、どの場合だったでしょうか?
・上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる
   ⇒⇒⇒⇒⇒ 脊柱管狭窄症が原因の可能性大
・逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる
   ⇒⇒⇒⇒⇒ 椎間板ヘルニアが原因の可能性大
・上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みやしびれが強くなる
   ⇒⇒⇒⇒⇒ 狭窄症とヘルニアを併発している可能性大

【注意】
腰、お尻、足に痛みを感じる病気は坐骨神経痛以外にもあります。
「これはよくある坐骨神経痛の痛みだ」と思っていても、実は根本原因は、閉塞性動脈硬化症だったり、足の血管が詰まるバージャー病だったり、背骨の圧迫骨折だったり、子宮がんや前立腺がんが原因だったりすることもあるのです。
素人判断で腰・お尻・足の痛みは坐骨神経痛だ、と決めつけないで、痛みを感じたら早めに専門医を受診し、原因をきちんと調べてもらいましょう。
上記の判断方法は、あくまでも参考程度です。

東大阪(河内小阪・八戸ノ里・布施)の整体・骨盤矯正ーあおば鍼灸整骨院

大阪都島区|おおさわ整骨鍼灸院|交通事故・むち打ち・肩こり・腰痛・頭痛等
プロフィール

sanzenri

Author:sanzenri
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。